過ごし方詳細

過ごし方

「山口県周南市~周防大島」
家族で思い出を残すアクティブ旅

こんな方におすすめ

  • 家族の思い出を作りたい
  • 自然の中でアクティビティを楽しみたい
  • パワースポットを巡りたい

1日目の過ごし方

9:00

周南市の自宅を出発 周防大島へ

10:00

セトノウツツに到着 釣り堀を楽しむ

周防大島にあるセトノウツツに到着したら、早速釣りを楽しみましょう。セトノウツツには釣り堀があり、1年を通して様々な魚種を釣ることができます。
多くの魚を放流しており、お子様や初心者の方でも釣りやすくなっているのも魅力の一つ。
穏やかな瀬戸内海の自然を感じながら、魚との駆け引きを楽しみましょう。

※2022年秋サービス開始予定

12:00

セトノウツツのカフェレストラン ゆゑゆゑ でランチ

瀬戸内海を一望できるレストラン「ゆゑゆゑ」でランチタイム。海が目の前に広がる非日常的な空間で、周防大島の農家や漁師から直接仕入れた旬の食材をふんだんに使用した和食を味わうことができます。
また、お子様向けに、星形のおにぎりや、フィッシュフリットなどを盛り合わせた可愛らしいキッズプレートもご用意。

14:30

たちまちレンタルでサップを楽しむ

折角海辺に来たのなら、家族全員で楽しめるマリンアクティビティがおすすめ。
セトノウツツ内にあるたちまちレンタルでは、サップなどの道具をレンタルすることができます。
会話を楽しみながら水面を進んだり、サップに寝そべって空を眺めたりと、思い思いの過ごし方をお楽しみください。

19:00

季節折々の食材が楽しめるディナー

ディナーには、大物アーティストが広島で足繁く通った店「四季彩 多仲」のオーナーシェフ田中が、地元の農家・漁師から直接仕入れた周防大島産の旬の食材をふんだんに使った料理の数々をご用意。
料理長の見事な技と周防大島の自然の豊かさを味わえる和食料理を、ぜひ心ゆくまでご堪能下さい。

23:00

就寝

モダンでありながら、家のようにただいまと言えるような温かみのある客室は、大人からお子様までご満足頂ける空間です。
ご家族で1日の出来事を振り帰ったり、明日の予定の計画を立てるなど、就寝までのお時間をゆったりとおくつろぎください。

2日目の過ごし方

08:00

朝食

朝食では、地元農家から仕入れた食材で作られた、山口県産の食材を中心にした洋食をご用意。
また、ビーチで海を眺めながら朝食を食べることができるよう、朝食のテイクアウトもご準備しています。
海に浮かぶ朝日を眺めながら味わう、贅沢な朝食のひとときをお楽しみください。

10:30

チェックアウトして、しあわせ祈岩巡りへ ①立岩 

周防大島には4つの大きな岩が存在しており、古くから「しあわせ祈岩(四岩合わせ奇岩)」と呼ばれ、ご利益があると親しまれています。
それぞれの岩を巡り、しあわせを叶えるパワースポットを巡りましょう。

まず1つ目の岩は「立岩」。高さ40mの安山岩で出来ており、ゴツゴツとした岩肌とその大きさから「男岩」とも呼ばれています。
岩の側のお堂には馬頭観音が祀られており、交通安全の仏として行き交う人々の安全を守っています。

11:30

しあわせ祈岩巡り ②帯石観音

2つ目の岩は「帯石」です。
千手観音が祭られている小さなお堂の右脇に南無阿弥陀仏と掘られた巨石があり、この石の周りに帯を巻いたような筋があるため、帯石と呼ばれています。妊婦の岩田帯にちなんで安産祈願で名高く、多くの女性が訪れています。

12:30

しあわせ祈岩巡り ③岩屋権現

3つ目の岩は「岩屋権現」です。
嵩山中腹にある入り口にはしめ縄で結ばれた4本の大杉があり、その背後に巨大な岩である岩屋権現が鎮座しています。
ぽっかり空いた洞窟には虚空蔵菩薩と山王権現が同時にまつられており、神秘的な雰囲気。
この洞窟では、古くから正月三が日に島民が集まり、もちを焼いて食べて無病息災を祈る風習が残っています。

13:30

ちどり本店 でランチ

「ちどり本店」では、瀬戸内海の恵みを使った創作料理が評判です。
昔ながらの味「おばあちゃん直伝の煮付け料理」をはじめ、みかん鍋やタチウオの鏡盛りなど、周防大島ならではの名物料理の数々をぜひお楽しみください。

15:00

しあわせ祈岩巡り ④巌門

4つ目の岩は「巌門」です。海水の浸食によって岩がくりぬかれ穴となり、自然のパワーが感じられます。
巌門の背後の山には十一面観音をまつる龍崎観音堂があり、除厄の御利益があるとされています。

16:00

帰路へ

セトノウツツを拠点とした、楽しい旅を振り返りながら帰路へ。

その他の過ごし方